七々のお宿ブログ

旅先の“ご当地ならでは”が楽しみです♪

【茨城】はぎ屋 ②(お風呂)

【2021年 1月】

お風呂は温泉ではなく、独自のお湯が2種類用意されています。

 

・かじめ湯→

“かじめ”という海藻のエキスの入った茶色いお湯。他のお宿でも、昔は入れたそうですが、営業している雰囲気はなかったので、もしかしたらココでしか入れないお湯かもしれません。

 

f:id:loveclear:20210204165241p:plain

HPより画像お借りしています。

・かじめ湯→

“かじめ”という海藻のエキスの入った茶色いお湯。他のお宿でも、昔は入れたそうですが、営業している雰囲気はなかったので、もしかしたらココでしか入れないお湯かもしれません。

 

・潮湯→

天然海水が入った、コバルト色のお湯。とのことで、暖まりそうだし、アトピーの方にも良さそうですね。

 

f:id:loveclear:20210201153550j:image

 

f:id:loveclear:20210201153606j:image

パンフレットです。

かじめ湯、とっても気に入りました。

男女交代制になっており、「かじめ湯」露天風呂のある所と、「焼石の湯」という暖かい玉砂利の上に寝そべり塩蒸気を楽しめる所、の二か所ありました。

 

気に入ったと言っておきながら、夕食後に車で5分の所にある “湯楽の里 日立店”   に出掛けました。

 

f:id:loveclear:20210204170011p:plain

HPより画像お借りしています。

 茨城県日立市の絶景が楽しめる露天風呂「湯楽の里 日立店」

この日帰り入浴施設も、とにかく立地が良い!

海を見ながら露天風呂に入れます。地元の方が多く利用しているようで、皆さん海には目もくれず内湯やツボ湯を楽しんでおられました。

暗いからでしょ、とツっこまれそうですが、昼間に利用したこともあるのですが、オーシャンビューを楽しむ方は1人2人なので、取り合いになることはないと思います。

 

写真は男性露天風呂でして、女性露天風呂は、外から(海側から)見えないように目隠しがされています。一部だけクリア板になっているので、そこから海が見れるようになっています。

 

 

→次回は夕食です。

「海づくし親潮料理」プランをいただきます。